スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生必見、寒い季節を乗り切るお買得なアイテム

 02, 2015 22:04
この時期のカヌーはとても寒い。
なんでこんな寒い時期に好き好んで冷たーい川に入っているのか自分でも驚きである。
が、寒い時期こそ頑張りどきだ。

そんな寒い季節を乗り越えるためのアイテムがある。
代表的なものはフルドライだろう。
フルドライを初めて着たときに僕のカヌーの価値観は180度変わった。
カヌーは濡れないスポーツだったのだ!

しかし、1着10万円のフルドライはそう簡単に買えるものではない。
少なくとも自分には買えない。
そこで、フルドライは買えなくても、冬の練習を支えてくれる見落としがちなアイテムを紹介する。
財布も装備も寒い方々には必見の情報だ。

1、ポギー、手袋
20150202213511e5f.jpg
定価でも5000円前後で手に入るアイテム。
手は一番濡れる部分であり、痛いほど冷たさを感じる場所だ。
ここが守られているだけでもかなり快適に練習できる。

2、スカルキャップ
201502022137133ae.jpg
頭が冷えないということは意外なほどに効果がある。
ろくな装備を持っていなかった時代に、冬の御嶽で沈して頭がキーンとなり、冷たさで練習開始30分で断念したことがある。
でも、これがあればへっちゃらだ。
3000円程度で手に入るのも嬉しい。
コスパと防寒効果を考えると、もっとも優秀なアイテムかもしれない。
難点といえばモジモジくんになってしまうことだ。

3、ソックス
2015020221440783e.jpg
水が冷たければ船も冷たくなる。
船の中で一度冷えた足先はまず復活しない。
船の中だから守らなくても大丈夫と思っていても、一度ソックスを履けばそのありがたみが痛いほどよくわかると思う。

4、エアスキンの上着
20150202214842429.jpg
これまで紹介した中では一気に高価になった感はあるがおすすめのアイテムだ。
ドライトップが少なくとも2〜3万円するのに対し、エアスキンは1万円程度。
1mmのウェットスーツのような生地で薄くて柔らかいから脱ぎ着は楽だし、身体が濡れない素材というのが嬉しい。例えボロボロのパドジャケしかなくてもエアスキンがあればとっても快適で温かい。
スラロームやダウンリバーを快適に練習したい方にはオススメだ。学生にも絶対に必須のアイテムだと思う。

以上4点全部買っても2万円程度。
フリースタイルをやるのでなければ、これだけ持っていれば一年を通して快適なパドリング生活を送れることだろう。
つまるところ何を言いたかったかというと、最近めっきり姿を見かけない後輩たちよ、そろそろ初漕ぎしようね!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。