スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは中積み?外積み?

 07, 2015 20:06
今日は恵比寿に新たにできたスバルの展示スペースで「トライアスロンサミットat SUBARU」という
パネルディスカッションを聴講してきた。
トレーニング、大会、環境という3つのテーマでスクール経営者、元アスリート、大会運営者、メディア、競技団体、一般選手など様々な立場の人達が語り合う。
こんなイベントをカヌーでも開けたらいいなぁと感じた。

そんなパネルディスカッションの小テーマとしてスバルの展示スペースを利用していることもあり、車とトライアスロンの話があったのだが、これが意外に面白かった。
特にカヌーに置き換えてもおもしろいと思った話題は「自転車を車の屋根に積むか、中に積むか」という話。
100人ほど集まった会場のほとんどは自転車を中に積んでいるようだった。

フリースタイルカヤッカーの皆さんはどうだろう?
僕の個人的な見立てでは、個人で動いている方の多くは車の中に積んでいるのではないだろうか?
中積みの方が、積み込みも楽だし、紫外線対策になるし、落としたり高さ制限に引っかかる心配もない。
また、空力的に燃費もよくなるだろう。
プレイボートなら小さいので、セダンでもなければ車が小さくても運転手と連れ1人くらいであれば中に積めてしまう。
ダウンリバーなどで回送するときだけ屋根の上に積むという方は多いはず。

ちなみに僕は外積み派である。
理由は昔事故を起こしたときに船が中に入っていたらきっとただではすまなかったからというのが1つと
基本的に船の保管場所が車なのでちゃんと拭いておかないと社内が湿気て臭くなるからだ。

今日のサミットでも自転車を屋根に積むとき、中に積むとき、それぞれの注意点を紹介していたが、
カヤッカーのみなさんはどんな考え方や工夫をされているのかふと気になった。
一瞬スプリントをやっていた頃に他の大学のチームが屋根に積んだ借艇を高さ制限のある高架下で破壊したというエピソードを聞いたことがある。
また、僕の偉大な先輩からも新艇を高速道路で落としたエピソードや僕自身も川に着いたらキャリアがゆるゆるで外れていたことなどがある。

川でのリスク管理はもちろん、行き帰りの移動や日常生活でも、アウトドアスポーツを嗜むものとしてリスク管理には気をつけていきたい。


ぜひ、このブログを盛り上げていきたいと思うので、コメントもお寄せください。
「あなたは外積み派?中積み派?」「船の積載に関して気をつけていること」などご意見をお願いいたします。IMG_0365.jpg
スポンサーサイト

COMMENT - 2

Sun
2015.02.08
23:10

 #-

URL

No title

 車内積の場合に、ボートを固定しない方が多いと感じています。
 固定していないと万一の際、フロントガラス、乗員に危害を与えるほかに、ロケットのように飛び出し、対向車や対向車の乗員ほかに、重大な危害を与える可能性があります。
 シートベルトや荷台のフック、ハッチのフックなどを利用すれば比較的簡単に固定できます。
 誰も、カヌーで人や車を傷つけたくないですよね。

Edit | Reply | 
Mon
2015.02.09
08:24

Watari Motoharu #-

URL

Re: No title

コメントありがとうございます。
車内積みで固定していない方も多いのですね。
僕は車内の屋根にラックを渡してパドルを乗せてますが、固定し忘れると急ブレーキをかけたときにフロントガラスめがけて飛んでくるので怖いです。
やはり車内積みでも固定したほうが安全ですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。