スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥沢

 23, 2011 11:22
土日は鳥沢。このところ鳥沢続きです。
土曜の雨で水位は多少上がったものの、あっという間に減ってしまいました。
そろそろ鳥沢も限界かもしれません。

ブラスティング、バックブラスティング、バックブラスティング→スピン、スピン連続、カートの練習。
基礎的な課題なだけに、できなければ気分はどんどんへこむし楽しくなくなっていく。
それでも週ごとに少しずつ少しずつよくなってはいると思う。そうであってほしい。
カートはともかくとして、その前の課題はどれも船に良い姿勢で乗ることがとても重要で、主に姿勢作りの練習なのではないかと自分なりに勝手に解釈している。
できたと思うと同じことを繰り返せず、次はあっけなく失敗するということが多々あるのだが、つまり自分は運動学習における偶発位相(できるような気がする、まぐれで成功する)から形態統覚化位相(一応できるという確信のもてる段階)あたりにいるということであろう。
説明されて、なんとなくわかって、できるような気がして、やってみるとできたりできなかったりして、段々成功率が上がっていき、自分なりのコツをつかんで一応できるという確信が持てるようになっていく。
しかし、この先にはプラトーとも言える苦しい段階が待っている。
分裂危機位相である。まぐれで成功しているものを自分なりに内省してなぜできたのか、ポイントはなんなのかを考え始めると、できるようになっていたことがわからなくなり、できなくなる。
そして、また振り出しに戻っていくのである。
どんな動きを学習するにもこの段階はやってくる。自分はまだそこまでできるという確信を持てていないし、成功率もまだまだ低いのでその手前の段階だと思うが。
分裂危機位相を経験して次の段階に進めると、もっと良い動き方を身につける形態洗練化位相となり、動きの修正と洗練が起きる。そして、変化する条件下でも対応できるわざ幅志向位相に進み、思い通りに理にかなって動ける自在位相へと進む。
そこまで進めばいわゆるトップ選手というわけであるが、自分はそもそも形態統覚化位相に確実に進むことすらできないので道のりは果てしなく感じる。
3歩進んで2歩下がる。現実、日進月歩というわけにはなかなか進まない。
それをわきまえて焦らず前を見て頑張るしかない。

CIMG0740.jpg
CIMG0750.jpg
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。